CAST & STAFF

坂本昌行

SAKAMOTO MASAYUKI


as ピーター・アレン
1970~80年代、アメリカを中心に活躍したエンターテイナー。


'95年V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。 音楽活動を中心に、テレビ・舞台などで精力的に活動。'12年から放送中の「ノンストップ!」(フジテレビ系)では「One Dish」コーナーを担当し、料理の腕を披露するなどマルチに活躍している。近年は、確かな歌唱力とダンスで多数の舞台やミュージカルに出演、 '17年には、Off-Broadway Musical『MURDER for Two』で、第24回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞し、俳優としての地位を確立している。主な舞台出演作品は、『THE BOY FROM OZ』『Pal Joey』『ZORRO THE MUSICAL』『ON THE TOWN』『TOP HAT』『TWENTIETH TRIANGLE TOUR vol.2 「カノトイハナサガモノラ」』など。


お客様に再び、この作品とピーター・アレンという人間に触れてもらえることが非常に嬉しいです。前回の公演が12年前なので覚えていないことも多いのですが、音楽を聞くと当時の記憶が蘇ってきて、楽しさと緊張が高まってきます。初演の時はまだ30代前半でしたが、月日を経て、ピーター・アレンが亡くなられた年齢と同じ年齢で今回演じることができるのは、何かの運命のように感じています。共演者やスタッフの皆様の力も借りて、令和の『THE BOY FROM OZ』をお届けします。




紫吹淳

SHIBUKI JUN


as ライザ・ミネリ
ピーターの妻。後にハリウッドで絶大な人気を獲得する女優。


宝塚歌劇団出身。初舞台当初から抜群のスタイルとダンステクニックで数々の作品で主役に抜擢され、01’年宝塚歌劇団月組トップに就任。’04年3月、宝塚歌劇団 退団。’04年4月、「女優宣言お披露目記者会見」を行い、女優としてデビュー。ドラマ・舞台・映画で活躍する他、近年 はバラエティにも出演し、活躍の場を広げている。ドラマ『ドクターX』『ブラックペアン』『インハンド』など人気作品にも出演。主な出演作に、舞台『THE BOY FROM OZ』『モダンミリー』『グッバイガール』『王様と私』『細雪』『魍魎の匣』『DREAM BOYS』など。


再びこの役に出会えるとは思ってもみませんでした。12年経っているので若干の心配もありますが、この素晴らしい作品で、またライザに会えるということに幸せを感じております。前回も共演者の方と、こんなに物語も曲もすべてが良い作品にはなかなか出会えないとよく話していたので、観たことがないお客様にも楽しんでいただき、また後に語り継がれていく作品になるといいなと思います。




寺西拓人

(ジャニーズJr.)TERANISHI TAKUTO


as グレッグ・コンネル
ピーターの恋人であり、ビジネスパートナーでもあった。


'08年ジャニーズ事務所入所。ジャニーズJr.として活動する他、ドラマ、舞台にも出演、その実力を発揮し'19年には舞台『マラソン』で初主演を果たす。主な出演作に、ドラマ『49』『ストロベリーナイト・サーガ』、舞台『みんなクリエに来てクリエ』『PLAYZONE2010 ROAD TO PLAYZONE』『DREAM BOYS』『Endless SHOCK』『THE CIRCUS!』『トムとジェリー 夢よもう一度』『大阪環状線~君の歌声が聴きたくて1985~天王寺駅編』など。


第一に、先輩である坂本さんとミュージカルで共演できることは目標の一つでもあったので、共演できることがすごく嬉しいです。作品を深く理解していくのはこれからですが、再演される作品に新しく出演するからには、意味がないといけない、と考えているので、稽古を通して、自分なりの表現を見つけて、お客様に楽しんでいただけたらと思います。




宮川浩

MIYAKAWA HIROSHI


as ディー・アンソニー
やり手マネージャー兼プロデューサー


as ディック・ウールノー
ピーターの父親。息子がステージで稼いだ金をあてにして暮らしている。


大学在学中に『レ・ミゼラブル』のオーディションに合格、日本初演より参加。その後『ミス・サイゴン』『回転木馬』『ラマンチャの男』など数々のミュージカルに出演、舞台を中心に精力的に活動している。主な出演作に、舞台『蜘蛛女のキス』『ローマの休日』『タイタニック』『ディートリッヒ』『ワンダフルタウン』『ジキル&ハイド』『ヤングフランケンシュタイン』 『マリーゴールド』『ロミオ&ジュリエット』『ズボン船長~Fifi&the Seven Seas』など。


初参加なので、皆さんが作られた世界を守りつつ、新しさも出せたらと思っています。二役を演じるので、どれくらい違う自分が出せるか楽しみですし声や動きでそれを表現したいと考えているので、お客様にも楽しんでいただきたいです。坂本さんは、出演作品を観ていつか共演したいと思っていた方で、鳳さんとも32年ぶりの共演になるので、とても楽しみにしています。




今陽子

KON YOKO


as マリオン・ウールノー
ピーターの母親。息子を誇りにする、心配性で優しい女性。


'67年、15歳で歌手デビュー。その後ピンキーとキラーズを結成すると「恋の季節」がダブルミリオンを記録。解散後、'80年に単身渡米し、歌・ダンス・語学を学ぶ。帰国後は、音楽活動をはじめ数々の舞台・ドラマに出演し活躍の場を広げる。主な出演作に、映画『恋の季節』、ドラマ『太陽のあいつ』、舞台『死神』『アニー』『サウンドオブミュージック』『オズの魔法使い』 『THE BOY FROM OZ』『葉っぱのフレディ』『COCO』『Nine THE MUSICAL』『ディートリッヒ』『スクルージ~クリスマスキャロル~』など。


マリオン・ウールノーという役はとても大好きな役で、劇中で歌う曲をライブで歌うほど思い入れのある作品なので、再演できることが本当に嬉しいです。坂本さんとご一緒するのも久しぶりなのですが、気持ちは変わらず、初演の時のように良い親子を演じられたらいいなと思っています。慣れ親しんだメンバーと、新しく参加されるお二人やアンサンブルの皆さんと、また新しい『THE BOY FROM OZ』を作りたいです。




鳳蘭

OHTORI RAN


as ジュディ・ガーランド
ライザの母親。生涯ショービジネス界を騒がせ続けた大スター。


'64年『花のふるさと物語』で宝塚歌劇団の初舞台を踏む。'70年星組トップに就任し、“ツレちゃん”の愛称で絶大な人気を誇る。'79年に惜しまれながらも退団。その後ミュージカルを中心に数多くの舞台に出演。ブロードウェイミュージカル『COCO』『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』の演技で第51回毎日芸術賞、読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞。'16年旭日小綬章を受章。'08年より「鳳蘭レビューアカデミー」の校長として後進の指導にあたっている。主な出演作に、舞台『ファニーガール』『スウィーニィ・トッド』『シカゴ』『レ・ミゼラブル』『THE BOY FROM OZ』『ラブ・ネバー・ダイ』『DREAM BOYS』『天使にラブ・ソングを~シアター・アクト~』など。


また再演できるとは夢にも思っていなかったので、お話をいただいた時、まず喜びでいっぱいでした。『THE BOY FROM OZ』は、数あるミュージカル作品の中でも特別な作品の一つです。ジュディ・ガーランドという役は、自由奔放に演じられるので、前よりもパワーアップした姿を皆様にお見せできたらと考えております。






松原剛志 井上一馬
藍実成 尾関晃輔 加藤翔多郎 加藤たけし
古賀雄大 さけもとあきら 佐野隼平 高橋伊久磨

谷合香子 森加織 町屋美咲
岩崎ルリ子 大月さゆ 北村羽菜 久保田彩佳
竹内真里 中原彩月 横山祥子 米島史子

  • 木村咲哉/山城力
    (ヤングピーター/Wキャスト)
  • 大前優樹/下之園嵐史
    (リトルピーター/Wキャスト)


contentsTitleStaff

演出 フィリップ・マッキンリー  振付 ジョーイ・マクニーリー

翻訳 丹野郁弓  訳詞 忠の仁  音楽監督 清水恵介
装置 石井強司  照明 吉川ひろ子  音響 遠藤宏志
衣裳 十川ヒロコ  ヘアメイク 田中エミ
音楽アドバイザー 上柴はじめ  稽古協力 伴・眞里子
演出助手 渋谷真紀子  振付助手 紀元由有/佐々木有子(TAP)  音楽監督助手 浅野直子  

協力 Planning Office GS  運営協力 キョードー大阪(大阪公演)
宣伝 ディップス・プラネット  制作協力 ジャニーズ事務所
プロデューサー 堂本奈緒美 松本安充 森好美



Quaras Inc.
By Arrangement with View Films and Robert Fox Ltd
Presents

“The Boy from OZ”

Originally Produced by Ben Gannon and Robert Fox

ページトップへ